忍者ブログ
2018.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨年から始まった大森山動物園内ピクニック広場で行なわれた<Night Zoo Jazz Festa in MILVE>が、諸事情により、今年は開催されない事になりました。

夏の帰省期間に合わせた<夜の動物園>との相乗効果で多くの人出があり、大好評だったにも拘わらず、たった二回の開催で中止になるとは本当に残念です。今年は昼の部に、地元アマチュア・ミュージシャンにも出演してもらおうと企画していた矢先の突然の中止でして、出演を期待していた地元ミュージシャンの皆様には大変申し訳なく思います。

大町では今年で早4年目になる<パワー・オブ・ミュージック>(PMA)が、仲小路では昨年から<仲小路ジャズ・フェスティバル>が開催されるようになって、秋田市内の夏の音楽シーンがここ数年で、以前に比べれば賑やかに充実して来た事を思えば、音楽ファンにとってはさほど憂う事ではないでしょう。

ただ、秋田市中心市街地の活性化の為に始められた、この二つの音楽祭とは一線を画した大森山動物園のフェスタは、動物園内にある湖沼・塩曳潟に生息する日本固有の希少淡水魚・ゼニタナゴの存在とその意義について知ってもらい、その保全活動の支援を目的のひとつに、もうひとつに、さまざまな障害を持つ方々、特に視覚や聴覚などに障害のある方々の自信回復、社会参加の促進のための支援活動だったのです。ですから、その方々や保護者の方を無料招待して(一般の方は有料)、夏の野外のジャズをみんなで楽しみ、共に喜びを分かち合う事を目的にした、経費を企業等からの協賛金で賄うチャリティ・イベントだったのです。

協賛企業や、東京からの出演プロ・ミュージシャン達も、僕達も、このような主旨に心から賛同して協力したのです。まあ、様々な事情があっての事での中止はやむを得ないでしょうが、このようなチャリティ・イベントは、場所や日時を替えてでも、続けて行かなければならないと思います。
無くしてはならないものだと思うのです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.25No.24No.23No.22No.21No.20No.19No.18No.17No.16No.15
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
Twitter
最新CM
[02/27 survey cash]
[05/17 Backlinks]
[05/09 しょう@幻山]
[05/07 ばんり]
[04/20 しょう@幻山 ]
プロフィール
HN:
Toru OTA
HP:
性別:
男性
職業:
ライブハウス経営
趣味:
音楽
自己紹介:
秋田市のジャズライブハウス<THE CAT WALK>を経営。ドラム叩きます。時々トランペットやホラなども吹きます。(笑)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア