忍者ブログ
2018.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜6/30(月)のライブ@ザ・キャットウォークは、日本JAZZボーカル界を代表する大野えりさんと、東大卒の天才ピアニスト若井優也君のDuoライブでした。

ppp(ピアニシシモ)〜fff(フォルテシシモ)のダイナミックレンジの広い歌声とピアノのハーモニーは、PA(音響装置)を殆んど介さずに生音で表現された為に、普段から大音量に慣れていた我が身の鈍った五感を心地よく刺激しました。
時にオーケストラの様に、時にミュージカルの様に、変幻自在で縦横無尽な2人の音世界に不覚にも酔いしれてしまいました。リアルジャズそのものでしたね。

このライブの成功の為にご尽力頂いたM山様ご夫妻に感謝致します。また、ご来店のお客様ありがとうございました。
えりさん、若井さん、素晴らしい音楽芸術を心ゆく迄堪能させて頂きました。ありがとうございました。

アフターアワーズでは、若井君がベーシストに変貌、熱演しました。歌ってるのはえりさんの大学の同級生。ドラムはご主人M山氏、ピアノは秋大JAZZ研T君で盛り上がりました。(^。^)



PR
5月最後のライブ@ ザ・キャットウォークは、日本が誇る世界的JAZZトランペッター、ヒノテルこと日野皓正さんのクインテット。
満員御礼の店内は開演前から熱気むんむん状態で、世界的な一流アーティストを迎えるのに絶好の雰囲気が醸し出されました。

さて、いよいよ開演。

それはもう一曲目から白熱した演奏と、迫力あるパワフルなサウンドで、超満席のオーディエンスを圧倒していました。
トークも楽しく、最高のエンターテイメント、パフォーマンスを披露、展開した日野皓正インテット。ピアノの石井さんは1月にもいらしてくださったのですが、そのときとはまた全く違った表情を魅せてくれ、そのピアノの色彩の豊かさに驚きました。ドラムの田中さんはダイナミックな中にも細やかで華のあるドラミングで聞き惚れてしまいました。そしてなんとこの日がお誕生日!サプライズのお誕生日ケーキの投入でライブ中のお客さんとの距離感がぐっと近くなる演出でした。ベースの須川さん、ギターの加藤さんも若手ながらに醸し出す貫禄が佇まいにも音にも感じられ、お二人の今後の音楽的展開にもものすごく興味が沸きました。

ステージラストには、昨年に引き続き今回も日野さんに呼ばれトランペットで共演させて頂きました。フルートのいしまさんと一緒にステージに上がり日野さん作曲の「Never Forget 311」をセッション。途中からピアノ高宮君も加わり熱い演奏に…。

もう、言葉では表せない程の感動の嵐で胸いっぱい、涙が出そうなのを堪え、32年間店を続けて来られて良かったなと実感させられました。

本当に格別なジャズステージで、真に、心からJAZZ LOVEな一夜を過ごす事ができました。
「吉田美奈子&河合代介meets村上PONTA秀一」のライブは凄かった‼

何が凄いのって、三年続けての当店でのライブで一回目より二回目、二回目より三回目と、お客さんの数が増えてる事がまずひとつ。

美奈子さんの歌声は伸びやかで、相変わらずの心に沁みる歌が凄い。

河合代介さんのハモンドオルガンが本格的で、レスリースピーカー二本をどカーンと設置しての、迫力あるリッチでゴージャスなサウンドが凄い。

今まで何度も企画はあったけど、なかなか実現出来ずに当店初登場の人気ドラマーのポンタさん。派手な桜色のツインバスドラのセットでグルーブする歌うリズムが凄い。

とにかく、凄かったの感想のライブでした。
今年も早いもので、今日はお雛様の日です。

キャットウォーク先週の木曜日2/27は、「フライド・プライド」のLIVEでした。Shihoさんの最高の歌と、横田明紀男さんの最高のギターのステージに、沢山のお客様と一体となって盛り上がりました。イエ〜‼

また、翌金曜日2/28は、秋田大学JAZZ研究会の追い出しLIVE、卒業生と現役生達のホットな演奏の連続で、忘れられない感動の一夜になった事でしょう。社会人として旅立つ皆さんにエールをお贈りしたいと思います。

そして、土曜日3/1は、「12th たかせみゅーじっくらぼ・ジャズボーカル」のライブステージ。
このイベントは早々とソールドアウトとなりまして、キャットウォーク店内はテーブルを全部取っ払ってのシアター仕様になりました。店内は超、超満員のお客様で熱気ムンムン。
ステージにはお馴染みの、北田了一pさん、佐藤弘基bさん、安ケ平勇人dsさん、鈴木明義tsさん、モッティtbさん、そして今回仙台市から初参加の名雪祥代asさんがスタンバイ。
この豪華なメンバーの素晴らしい演奏をバックに、高瀬スクールの皆さんがそれぞれに、スィングあり、バラードありと、素敵な歌を次々と披露してくれました。
僕も飛入りで一曲(Cute)ドラムを叩かせて頂きました。楽しかった!

この夜は三部形式で、演奏されたスタンダード曲は計26曲、聴衆の皆さんも大いに楽しみ、満足された様子でした。出演者の皆さまも大変お疲れ様でした。高瀬先生本当にご苦労様でした。ありがとうございました。

以上、簡単ではありますが、先週末3連チャンライブのレポでした。

写真は秋大ジャズ研


昨年中は皆々様にご贔屓頂き、ありがとうございました。m(__)m

2013年の後半は私事で恐縮ですが、身内に不幸があり、バタバタしながらもなんとかこなして無事に年を越す事ができました。

店を開店してから今年で32年目、大町に移転してから11年目の年。毎年欠かさず年賀状(ライブ案内を兼ねての)を出してましたが、今回は欠礼してしまいました。お許し願います。m(__)m

さて、気持ちも新たに頑張る所存ですので、相変わらずのご愛顧、ご支援をよろしくお願い致します。

来たる1月18日(土)には、新春スペシャルライブとして、日本JAZZ界を代表するベーシストとして活躍する古野光昭さん率いる「FULL NOTES」をお迎えします。
サックスの川嶋哲郎、ピアノ石井彰、ドラムに小山太郎という超豪華な布陣です。
是非、この機会をお見逃しなきよう告知させて頂きます。

今年もまた様々な事が起きるであろう予感の2014年。
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
猿、いや、去る10/5(土)~6(日)、秋晴れに恵まれた秋田市中心街、エリアなかいちにぎわい広場の特設ステージをメインに開催された
「AMFアキタミュージックフェスティバル2013」。

ポップス、ロック、ジャズ、弾き語り等幅広いジャンルのストリートミュージック「9th PMAパワーオブミュージックフロムアキタ」と、吹奏楽、ビッグバンドの「第3回秋田ブラスフェスタ」2団体合同開催の無料の野外音楽祭です。

出演者が約1,000名。

快晴の下、あちらこちらのストリートをステージに明るく楽しいサウンドが鳴り響き、非日常的な街なかの雰囲気に心はウキウキ、楽しい時間が流れました。

ゲストアーティストに、小沼ようすけ、ha-j、藤田ゆうみん、高田由香、桐生大輔。仙台市からビッグバンド、タイムアフタータイム。
極上のステージを楽しめました。

出演者の皆さま、実行委員スタッフの皆さま、ご来場頂いた沢山のお客様、ありがとうございました!感謝致します。
また、協賛、サポートして頂いた企業、個人様に深く感謝申し上げます。





ファンの皆様へ告知宣伝です!

来たる6/23(日)ホテルサンルーラル大潟にて、大潟村創立50周年プレイベントとして、
「SANABURI JAZZ祭」が開催されます。

出演:「北村英治カルテット&キャロル山崎」、「和泉宏隆&Tori de Rito」
開場15:30 開演16:00~19:00
チケット ¥2,000-

世界的ジャズクラリネット奏者北村英治さんと、元T-SQUAEのキーボーディストでピアニスト和泉宏隆さんが同時に聴ける音楽祭です。
なんと、たったの二千円で、このファン垂涎の豪華なコンサートが楽しめる、めったに無い絶好の機会をお見逃しなき様、宣伝告知させて頂きました。

当店でもチケット取扱中です。
電話 018−865−6699(18:00~0:00)
メール info@jazzcatwalk.net

一昨日の4/24(水)「吉田美奈子&河合大介meets沼澤 尚」のライブ@ザ・キャットウォークは、超満員のファンでソールドアウト、立ち見客まで出る大盛況。

レスリースピーカー二本のスピーカーから出る河合大介さんのハモンドオルガンの魂の音と、吉田美奈子さんの魂の歌声とのハーモニー、スパイスの効いた沼澤 尚さんのリズミックでパーカッシプなドラミングは、正に天上から降りて来た神の音楽と言っても大袈裟では無い程の感動を与えてくれました。本当に素晴らしいステージが展開されました。

ステージ後は、ファンとの交流&握手会。お誕生日の方(3名の方が居ましたが、それぞれに) にバースデーソングをアカペラで歌う思わぬプレゼントに、皆さん大喜び!大感激でしたね。

当店では昨年に続く二度目のライブでしたが、
心地よい余韻の残る、実に感動的な吉田美奈子ワールドなステージでした。
本当に良かった〜。



先週末の3/23(土)は、仙台市を拠点に活動しているアマチュアビッグバンド「Time After Five」の秋田初登場、当店初ライヴでした。

楽団創設20周年記念で、ジャズの本場ニューヨークでも演奏して来たという猛者の集団さながら、スウィングし、ハイクォリティなパフォーマンスを繰り広げました。

トランペット、トロンボーン、サックスの各パートに女子が1人づつ入ってるのが特徴的ですが、そのハーモニーとアンサンブルの美しさに、又、ゲストのボーカリスト菅田かおりさんの伸びやかな歌声に、聴衆はたっぷりと酔いしれておりました。

因みにこの素晴らしいバンドには秋田県出身者トランペット鈴木雅也さん、ギター佐藤良和さん、ベースに岩谷真さん3人が在籍、バンドの要として活躍してます。

今回の秋田初ライヴ、そもそものキッカケは、このバンドの創設に深く関わり、指導して育てあげたと言われる、秋田市出身のトランペッター山内(72歳)さんに聴かせたいというメンバー一同の心意気からでした。山内さんはニューブリード、東京ユニオン等、第一線で活躍されて来られたミュージシャン。数年前に身体を壊して引退し、現在秋田市の実家で療養中ですが、この日は杖をつきながらも来店され、20年前に創ったこのバンドのサウンドに、耳を傾け聴き入っておりました。

本当に、又、すぐにでも聴きたくなるサウンドはプロ級で、スウィングする、アマチュアの強力なビッグバンドでした。

メンバーの皆さん、ありがとうございました。今後の更なるご活躍を願ってます。
世界のヒノテルが、フロリダから春を連れて来た~‼

数日前迄の寒波が信じられない程の温かさで、道の雪も溶け、一気に春の兆しが感じられた昨日、

世界的なジャズトランペッターヒノテルこと、日野皓正さん(フロリダ在住)が11年ぶりに秋田市にやって来ました。

初のキャットウオークでのクラブライブは、1部、2部共にソールドアウト!満員御礼の熱気ムンムン状態。
リップの調子が良くないとは言いながらも、流石にそこは世界のヒノテルさん。炸裂する豪放なトランペットと繊細で歌うような音色は健在でした。
70歳と云うお年を感じさせない若々しさ。歌にタップダンスまで披露してくれて、お客様は大いに盛り上がり楽しんでました。

また、僕が最近トランペットを吹いているとの情報をどこで仕入れたのか、ステージで突然の指名を頂き、緊張しながらも持ち前の図々しさでステージで日野さんと共演させて頂きました。
リハ無しのぶっつけでしたが、なんとかこなし楽しかった~^_^;
未熟な演奏を聴かせてしまいまして、リスナーの皆様にはごめんなさいm(__)m

『また、秋田に来てもイイかな~?』との日野さんの呼びかけにフアンの皆さんは大喜び!
僕にとっても忘れられない思い出となる、最高の一夜でした。

日野皓正カルテットの皆様、素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました‼

お集まりの皆様、本当にありがとうございました。

壁に残された日野さんの弟、故日野元彦さんのサインを写メしてました。感動!


Prev1 2 3 4 5 6 7 8  →Next
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
リンク
Twitter
最新CM
[02/27 survey cash]
[05/17 Backlinks]
[05/09 しょう@幻山]
[05/07 ばんり]
[04/20 しょう@幻山 ]
プロフィール
HN:
Toru OTA
HP:
性別:
男性
職業:
ライブハウス経営
趣味:
音楽
自己紹介:
秋田市のジャズライブハウス<THE CAT WALK>を経営。ドラム叩きます。時々トランペットやホラなども吹きます。(笑)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア